【たまらん】ビットコイン・マーケット分析 12月14日(月)

週末の動きは激しかったですね。

BTC FX四半期先物は12日、430から500まで上昇した後急落しましたが、依然として12月頭からの上昇トレンドに乗った形を維持。現在、477ドルあたりを推移しています。

BTCの現物売買比率に関しては売りが強く、買いが47%といった状況です。

また、未決済ポジションのセンチメントに関しては、ロングが徐々に増している傾向が見られますが、依然ショートの強気は変わりません。(12日のデータが欠損してしまいました。)

ここからの展開としては、トレンド基調が続き、年末に向けて前回の高値574ドルを目指す展開になるか、一度430ドル付近まで調整し、年開けに再び天に向かう形のどちらかになるのではないでしょうか。正直、ここから上げられると再び手のつけられない相場がはじまる予感がしています。

ビットバンクトレードのご登録はこちらから


上記内容は執筆者の個人的見解であり、ビットバンク株式会社を代表するものではありません。また、お客様の判断に基いて被ったいかなる損害についても、執筆者ならびにビットバンク株式会社は一切の責任を負いません。