【目線修正】ビットコインマーケット分析 - 12月21日(月)

相変わらずこんな時間に更新です。

先週金曜は475に下髭を付けてから中庸、結局、下落し始めたのは土日に入ってからになりました。四半期先物は485から435まで下落し、現在は若干の戻しが入り、460ドル付近を推移しています。

センチメントは久々に逆転し、ロングが大きく優勢になっています。大口のショートが利確したことによるリバランスかと思われます。

現在の売買比率は次の通り。ショートが強いようですね。

ここからの展開は、少し読みにくいですが、短期で見ると、一度小さく上昇し再び415から430を目指した後、アップトレンドに転じるのではないかと見ています。ただ、ロングにセンチメントが逆転したことが気になるところで、買いの目線で機を待つことも視野に入れた方がいいかもしれません。

ビットバンクトレードのご登録はこちらから


上記内容は執筆者の個人的見解であり、ビットバンク株式会社を代表するものではありません。また、お客様の判断に基いて被ったいかなる損害についても、執筆者ならびにビットバンク株式会社は一切の責任を負いません。