新年早々50%下落の悲劇は免れそうです。マーケット分析 - 1月5日(火)

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

昨年はまさにビットコイン元年とも言うべき年であり、投資や技術、具体的なサービスの輪郭が少しずつ見えてきたように思います。Mt.Goxの社長も捕まり、いよいよ悪材料も出尽くし、相場の地盤が固まったのではないでしょうか。

さて、早速ですが、こちらは現在のチャート…ではなく、ちょうど一年前の2015年1月5日の日足チャートです。

Bitstampのハッキング騒ぎでビットコインの下落相場に拍車を掛け、ついには160ドルの値をつけるに至り「ビットコインは死んだ」とまで言われる事態に。流石のビットコイン愛好家もこの時には「参った」と思ったことでしょう。

とはいえ2015年が終わってみれば、2015年の始値319ドルから一年を通して36%上昇し431ドルでスタート。通貨の中では最高のパフォーマンスでしたね。

今のチャートはこのような形になってます。26日に大きく下落し、四半期先物で400ドル近くを付けました。現在も短期足で見ると若干崩れた様子を見せており、絶好のショートチャンスになるかもしれません。ターゲットは前回底値の400ドルです。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ビットバンクトレードのご登録はこちらから


上記内容は執筆者の個人的見解であり、ビットバンク株式会社を代表するものではありません。また、お客様の判断に基いて被ったいかなる損害についても、執筆者ならびにビットバンク株式会社は一切の責任を負いません。